レトロな図書館の中で出会える、旬のいちごをたっぷり使った白雪姫をテーマにしている”スノーホワイトパフェ”

大阪の中心にある大阪府立中之島図書館。国の重要文化財にも指定されている、ネオ・バロック建築の建物は観光スポットにもなっています。

中之島図書館

その図書館内にあるのが北欧の郷土料理であるオープンサンドSmørrebrød (スモーブロー)をテーマにしたカフェ「smorrebrod-kitchen nakanoshima(スモーブローキッチン ナカノシマ)」。

レトロなカフェでいただく絶品パフェ

カフェは一般利用者と同じように図書館に入り、どこか懐かしいレトロな館内を進んで行くと、こんなところに?と思う場所にあります。

とても落ち着きのある空間です。

そんなスモーブローキッチンでメインのオープンサンドと同じくらい人気なのがパフェです。季節やイベントに合わせて様々なパフェが登場しますが、中でも人気なのが、例年冬の終わりから春にかけて登場するスノーホワイトパフェです。毎年これを楽しみにしているファンも多いです。

白雪姫のパフェとは

名前の通り、白雪姫をテーマにしているスノーホワイトパフェ。公式インスタグラムでは“唇は赤い薔薇、肌は雪の白さ”と称され、まるで白雪姫のように白く、赤く、グラスにたっぷりのいちごをあしらった特別なパフェだそうです。

パフェは下からホワイトチョコのムース、ブルーベリーやラズベリー、クリーム、アイス、コーンフレークと続き、山盛りの生クリームにいちごがトッピングされています。周りの棒は、これまたいちごのメレンゲ!インパクトもあり、パフェの美味しさのポイントです。

ふわふわ、サクサクの柔らかい一体感

いちごは冬ならではの甘さ。クリームは軽くてふわふわ、アイスはバニラアイスです。甘さも控えめ。下半分のクリームやアイス、ムースにコーンフレークは、溶けて混ざると「よくあるパフェ」になりがちですが、ここでポイントとなるのがいちごのメレンゲです。メレンゲのサクサクとした食感が、コーンフレークとは異なっていいアクセントになっています。メレンゲにクリームやアイスをつけて食べることで飽きもこないです。


旬のフルーツを使った季節・期間限定のパフェを得意としているスモーブリーキッチン。場所柄とても静かな空気感が流れ、中之島の緑や川の景色も楽しめます。オープンサンドとパフェで落ち着いたカフェタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名:smorrebrod-kitchen nakanoshima
住所:530-0005 大阪府大阪市北区中之島1丁目2-10 大阪府立中之島図書館 2F
営業時間:9時〜20時
定休日:不定休

投稿者プロフィール

ice freak
ice freakIcecream Freak
毎日アイスクリームを食べるアイスクリームに目がない翻訳者兼フリーライター。市販のアイスからジェラート/アイスクリームショップ、お取り寄せ品に国内外のご当地アイスまでとりあえずアイスは欠かさずチェック!辛口評価もしており、「美味しい」だけじゃない本音の口コミを読者や企業に届けたいライター。海外育ちなため、日本のアイスの繊細さと上品さ、メーカーのこだわりを海外に届けたい夢も持っている。Ice cream is better than any therapy!
Follow Me!